そろそろ車の買い替えを考え始めたので、まずはネットで中古車ランキングを検索してみました。

色々見てみた所、燃費が良いハイブリットや軽自動車がランキング上位に多かったのに驚きました。
情報を元に現物を見に行って話を聞いてみた所、ガソリンの高騰や環境問題、税金対策や燃費が良いなどの理由から、ハイブリットや軽自動車の人気が高い事が分かりました。

ランキング自体が、10年前と比べるとかなり変わったそうです。



軽自動車は自動車税が普通車に比べてかなり安く、車検や修理費も安く上がる事が人気が高い理由です。地方では交通機関が発達していない地域が多く、車は1人1台が常識です。


車両価格や維持費の軽減の為に、購入する人が増加していると考えられています。

ハイブリット車は、初回の自動車税が半額で、燃費が良い為ガソリン代があまり掛からない事が人気の理由です。

ここ数年で軽自動車も開発が進み、普通車と同じ様な機能も兼ね備わりましたし、車両の強化も進み安心して乗れる事や、ハイブリット車もメーカーが多数の種類を販売していて、小型車以外にファミリーカーも販売されている事もあり、人気が高まってきていると言えます。

中古車も最初は迷ったのですが、新車よりかなり安いし走行距離が少ない物や新古車など、条件が良い物が多数あり考え方が変わりました。



新古車とは、何らかの理由で一度名義登録された車の事で、走行距離が少なく車検も2年以上残っている車です。



一般的には中古車扱いになります。初期経費を抑える事や、車検が残っている車はかなり予算を抑える事が出来ます。

破損して直してある箇所や事故車などの情報も、車屋さんで教えてもらう事が出来るので、購入を考えた時には聞いてみた方が良いでしょう。